タイカリーの名店「メーヤウ」は、インドカリーの「ポークカリー」がおすすめです

※メイヤウは残念ながら、閉店いたしました(涙)

 

辛いのにちゃんとおいしいと思えるカレーは、本当においしいんだと思う。

早稲田大学戸山キャンパスの隣にあるタイ&インドカリーの店「メーヤウ」はまさにそれ。

地下鉄東西線の早稲田駅&都営バス馬場下町のバス停から、早稲田大学戸山キャンパスに向かって、大学の手前すぐの2階にある

地下鉄東西線の早稲田駅&都営バス馬場下町のバス停から、早稲田大学戸山キャンパスに向かって、大学の手前すぐの2階にある

「メーヤウ」という店名はタイの田舎の村の名前だけれど、メニューはインドカリーとタイカリーが半々。そして人気はインドカリーの「チキン」&「ポーク」(ANIMO調べ)。その理由は、辛さのランクがこの順番だから(笑)。

辛いものに挑戦を!という思いだけで、チキンカリーを食べていたときもあったけど、やっぱりこの店でいちばんおいしいのは「ポークカリー」だと思う。

ポークカリー850円

ポークカリー850円

豚の角煮よりも柔らかいと思われる豚肉、じゃがいものほくほく、辛さを中和させるシンプルなゆで卵。この絶妙なバランスが、コクがあるのに重すぎないルーとベストマッチ。

ご飯の量は少量(といってもお茶碗山盛り1杯分200g)か普通(お茶碗2杯分270g)で食べたいところ。まあ大盛り&特盛りも無料なので、ご飯が多くてもいいですが、バランスを考えるとルーがもうちょっと欲しくなるかもしれません。

 

青唐辛子入りのプリックナンプラー

青唐辛子入りのプリックナンプラー

途中で飽きてきたら、卓上のプリックナンプラーを。タイカリーにかけるのが本当なんでしょうが、インドカリーのポークにかけても十分◎!しょっぱさが奥深さにかわります。個人的にはゆで卵ゾーンにかけるとおいしいかと。

なお、2015年9月1日からポークカリーだけ850円に値上がりした模様(ほかは750円)。豚肉の材料費高騰だそうで、消費税もとっていないから許してーということらしいです。

 

そして、久しぶりに訪れたら、テーブル席にテーブルクロスが!しかも店員さんは全員女性になっていました。時の流れを感じるわん。

店内はテーブル席&カウンター

店内はテーブル席&カウンター

【エスニックカリー メーヤウ早稲田店】

東京都新宿区馬場下町18−9秋山ビル2F

11:00-22:00/日曜休み

http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13004135/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA