きのこレストラン「マッシュルーム」が感動的においしかった@東京・恵比寿

おいしいフレンチが食べたい。

目的はその1点でしたが、今回たどり着いたのはフレンチレストラン「muchroom(マッシュルーム)」。名前のとおり、きのこのレストラン。

いろいろな専門店がありますが、まず何より「きのこ専門」でフレンチレストランが成り立つところに、東京の懐の深さを感じずにはいられません。

そして、場所は恵比寿。田舎モノの偏見ですが、なんとなーく恵比寿にあるあたり、外さなそうという根拠のない思い込みのもと、ランチでお邪魔しました。

階段をのぼると左手に入り口

階段をのぼると左手に入り口

入るとすぐに圧巻のきのこコレクション

入るとすぐに圧巻のきのこコレクション

12時開店のお店に5分前に到着すると、素敵なマダム2人組の先客が。どうやら常連さんのようで、きのこの本(?)のお土産などを持ってきていて、すぐ後に入ってきたアラフォーと思われる女性2人組も「この席初めてー!」とあきらかに常連風。そのため、初めての来店なのに、顔を見ただけで「吉田さんですね」とバレバレでした。

 

こじんまりした店内は小物がいっぱいながらもセンスのよさが光る

こじんまりした店内は小物がいっぱい。少し雑多なカウンターまわりは好きな感じ。

席につくとかわいいテーブルのセッティングに感動!

かわいいテーブルのセッティング

ランチは、Aコース2500円(2皿)、Bコース3500円(3皿)の2つ(ともにデザート&カフェ付き)。

前菜、魚料理、肉料理とも3つ以上から選べるので、迷う迷う(苦笑)。3皿に絞ることすら難しいので、2皿なんて絶対無理。ということで、本日はBコースに決定。

やっぱり「きのこ」のお店に来たからには、店名のマッシュルームをどどーんと食べたい+メインを魚にするつもりなので、肉が食べたくって、前菜はこちら。

前菜:ジャンボマッシュルームと鴨のサラダ

ジャンボマッシュルームとマグレ鴨のサラダ

生のマッシュルームとフォアグラを取り出したマグレ鴨、そしてクルミ(?)を使ったソースの相性◎。

2皿目は鮮魚もしくはきのこのブイヨンのいずれかからチョイス。きのこのスープって、ポタージュか、それかミネストローネ系か・・・というイメージだったので、8種類くらいきのこがゴロゴロ入った酸味あるスープは新鮮。

きのこのブイヨンスープ

きのこのブイヨンスープ

来る前に読んだ「きのこ専門だけど、きのこ以外のレベルが高い!特にオマール海老」という口コミが頭から離れず、+1800円(高っ!)にもかかわらず、いってしまいました、メインは「オマール海老の天火焼き オマールクリームとレモン 季節の野菜を添えて」。

オマール海老

オマール海老の天火焼き

メインの海老の付け合わせの野菜は別皿で

メインの海老の付け合わせの野菜は別皿で

+1800円は高いよーというのと、普段オマール海老をあまり食べないから「身ってこんな小さかったっけ!?」と思ったけど(苦笑)、濃厚な海老味噌のソースのあまりのおいしさに夢中になり、途中から身の大きさのことを忘れました(友人の肉をちょっともらったけど 笑)。

 

デザート

デザートはショコラのケーキ(なんか名前がついてたけど忘れた)

夜は、「キノコづくしのおまかせコース(要予約)7000円/1万円」があるそうで、きっとこの店を味わい尽くすには、それを食べなきゃかしら?

 

個人的には、2皿目がきのこ、3皿目が海老だったことにより、そのあとお腹が減るのが早かったですが、それでもこのお店を知っていると、いざというときの引き出しの1つになるし、話のネタになるし、もちろんおいしいし、リピしたい1軒となりました。

なお、こちらのお店のシェフ・山岡さんは愛媛出身のようで、使用しているレモンは愛媛から取り寄せていたり、伊予柑のジュースがあったり、郷土愛を感じる面も多々。そういうの、好きです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA