青色申告への第一歩。日本語の意味はあまり理解できないが、「確定申告はお早めに」の意味はよーくわかった。

フリーランスになって、最初に友人からもらったありがたーいアドバイスの1つが、

「営業よりもまずは守り。いくら稼いでも不必要のないものを払っていたら意味がない」

というお言葉。

青色申告をすることで65万円の控除が受けられる=65万円稼ぐのがどれほど大変かを考えると、ほんとだ!ちゃんと守りに入らなければ!!

しかし・・・新卒でOLになってなんちゃって簿記くらいはかじって、その後、仮にも編集部で原価管理などをやってきたにもかかわらず・・・、自分の経理関係になるとまったくもって思考回路が停止するという現象に襲われております。

友人からのさらに具体的なアドバイスが2つ。

「個人事業主用の経理本、いーっぱいあるから帰り道に買え」

「区や税務署で無料相談とかあるから、行政を活用しろ」

うん。自分でできないなら、人に頼ろう!

本は買った。「フリーで仕事を始めたらまっさきに読む経理・税金・申告の本」。そのまんまのタイトル。

役所&税務署に聞いた。そしたら、新宿区は無料ではやっていないらしい・・・(涙)。情報収集の結果、保育園関連では他の区よりも親切だと感じたので、結構いい区だと思っていたのに、世田谷区や府中市よりもダメだった模様。

よって、会計ソフト頼みにするべく、とにかく簡単&チャット無料相談ありの「 クラウド会計ソフトfreee」に決定。区役所分も担ってもらうことにする。

+++

そんな矢先、税務署から「決算説明会」なるお知らせが届いた。新宿区は無料相談がないなら、とりあえずこの会に行くしかないんだろうな。

でも、お役所がやる2時間のセミナー形式ってどうなんだろ・・・。と疑心暗鬼のまま、とりあえず参加ー!!

新宿税務署

開業届の提出依頼2度目の来訪、新宿税務署

この先に大会議室があるとは思えませんが。

この先に大会議室があるとは思えませんが。

たぶん、今年、開業届を出した人たちに案内がいっているはずなんですが、

満員御礼ですね、これは。

満員御礼です。

開始時間ぴったり始まって、まず第1のびっくり。

講師の先生がめっちゃ美人!!!!

しかも、びっくりその2。話がわかりやすい&眠くない!!!!!この手の役所のって、大半の人が寝てしまう様な講義が続くイメージあるじゃないですか。

ところがどっこい。

どうやら、こちらの金田一先生、税理士養成学校TACで10年講師をやっていたりするそうで、とにかく話が上手だった。新宿区、なかなか人選やるではないですか。納税率を少しでもアップするための地道な努力なのでしょうか。

青色申告するべく必要なお話、しっかり2時間してくださって、とりあえずなんちゃってOLの経験のおかげか、単語はわかったのですが、そもそも「確定申告」「青色申告」の違いがわからず、途中でスマホ検索(苦笑)。

確定申告の中に青色申告がインクルードされてることを知る。

この有様なので、日本語は理解できても、日本語の意味までわかったからは定かではなく・・・。

それにしても、参加者の人たち、誰一人寝てなくて(美人だし、話が上手だからだけではないはず)、しかも飽きてる様子がないんですよねー。

みんな理解できてるのかなー?すごいなー。

でも、1点、金田一先生のお話でもっとも気になったのが、「健康保険や年金は、事業をやっていなくても、個人でも支払うものなので、事業支出には入れません」というお話。

みんなと次元が違うかもしれないけれど、先日までサラリーマンだったわたしは、毎年社会保険料として控除されてきたわけで、これが控除されないのは困るんです!国民健康保険も年金も高いんです。

とにかく、家に帰って、会計ソフトさんをいろいろいじってみなければ、どうにも自分の頭の中だけでは整理がつきません。

+++++

帰宅後。今日のお話で青色申告は「貸借対照表(BS)」を提出することが大事だ!とわかりました。が、なんの設備投資もないわたしのこの形態で、BSってできるのかな?

とりあえず、会計ソフトfreeeの「損益計算書(PL)」&「貸借対照表(BS)」作成ボタンがあるかを確認。押してみる。

できた。

でも全然支出を入れていないから、まだ精度がイマイチ。

続いて、金田一先生の話で一番の気がかりの解決のため、初めてチャット機能を使って見る。

1分くらいの待ち時間ののち、担当の方とつながった。

「フリーランスなんですが、国民健康保険や年金、どの項目で入れればいいんですか?」

=「事業主貸」

が正解だそうです。うーん。なんだ、その勘定科目。たぶん控除されないな、この名前の雰囲気。

+++++

勘定科目の割り振りまで教えてくれると思うと、とりあえずチャットが、役所の相談の代わりの機能を果たせいてくれそうでよかったぜ。

2月、3月とかいろいろ混みそうだから、とりあえず12月中にできるところまで頑張ってみようと心に決めた、12月初旬でした。

ちなみに小学校時代の夏休みは、コンスタントに宿題をやろうと思って、前半は結構ちゃんと宿題を頑張って(7月中)、結局なかだるみして(8月初旬中旬)、ラストスパート(8月下旬)するパターンだった・・・。成長していたらいいな、わたし。

 

 

2 thoughts on “青色申告への第一歩。日本語の意味はあまり理解できないが、「確定申告はお早めに」の意味はよーくわかった。

  1. 金田一好子

    こんにちは 
    税理士の金田一です
    お褒めのお言葉沢山でアップしていただき恐縮です
    さて、なかなか理解が、むずかしい(かもしれない?) 個人事業主様の確定申告と、付随する帳簿作成ですが、5分お電話で御話し中できれば全て解決できますよ
    もちろん無料でアドバイザーいたしますので、もしよろしければご連絡下さい
    金田一の携帯は◎◎◎◎です

    1. team-animo Post author

      金田一さま
      ブログを発見いただき、メッセージまでいただきまして、ありがとうございます!
      こちらこそ、あのような場でいきなり不躾なお願いをしたにもかかわらず、快諾いただ心より感謝申し上げます。
      そしてなんともうれしいお申し出まで・・・(涙)。
      何がわからないかも微妙な状態ですが(苦笑)、お言葉に甘させていただき、
      ご連絡させていただくかと存じますが、その際は何卒よろしくお願いいたします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA