原宿の長蛇の店・ロブスターロール「LUKE’S」&餃子専門店「原宿餃子樓」のハシゴで、外国人観光客気分を味わう@東京・原宿

フリーランスになって気づいたこと。平日の東京の繁華街は外国人観光客だらけだということ。

わたしが旅行雑誌に携わっていた2003年、外国人観光客に日本にもっと来てもらおう!という「ビジットジャパン」キャンペーンがまさに立ち上がり、業界全体が「インバウンド」に試行錯誤。当時は海外旅行に行く日本人は2000万人を超えているのに、日本を訪れる外国人は500万人程度でした。それが、2015年は1月〜9月までの推計だけで1500万人弱!

銀座、新宿、原宿・・・会社勤めだったときは、土日しか行かなかったので、増えたと思ってもそれほど目立たなかったけど、平日の繁華街は「逆に外国人いなかったら、潰れている店がいっぱいあるのでは・・・?」と心配になるほど。ちょっと感慨深くもあり、年月の流れを感じます。

という話はさておき。

そんな外国人が溢れる原宿の裏通りに、長蛇の列の店が2軒ご近所さんで連なっている。

今年5月にニューヨークから上陸したロブスターロールのお店「LUKE’Sともう10年?20年以上はこの場所にあると思われる餃子専門店「原宿餃子樓

ロブスターロールのお店はちょっと侮っていまして。できたばかりのときはそこまで混んでいなかったんです。でも「ロブスターロール1580円」。正気か??と(苦笑)。しかも店内はなくて外でしか食べれないし。屋外もちょこっと座れるスペースがあるだけ。

それが、気づけばあれよあれよと、通りがかるたびに長蛇の列。

わたしの通っている美容院がこのへんにあって、本日「1580円の価値はある」と美容師さんと別のお客さんが話していたのを盗み聞き。平日に来れるようになった特権をいかすのは、今日しかないだろうと、本日挑戦に参ったのでした。

が、しかし・・・。平日14時すぎにもかかわらず長蛇の列。

長蛇の列

平日14時過ぎで22分待ち。

オーダー窓口

オーダー窓口。これだけ見えると、外国みたい。

心が折れそうになって、子どもを産む前はしょっちゅう通っていた「原宿餃子樓」を見てみると(並びながら見える距離)、こちらも14時過ぎにもかかわらず列ができてるし。原宿餃子樓は完全に外国人。ロブスターの方も5割は外国人かな?

以前のイメージで高いと思っていたけど、ロブスターは爪とコブシの部分だけを使った本格化だった模様。USサイズにはなんと5匹分(1580円)、レギュラーサイズには3匹分(980円)使用しているとか。

ロブスターが高い分、飲み物は良心的。207mlの瓶だと120円で飲めた。

ジュースは120円〜、ミネラルウォーターは150円と、飲み物は良心価格

ジュースは120円〜、ミネラルウォーターは150円と、飲み物は良心価格

さて、22分並んで、さらに番号札を渡されて待つこと2分。ロブスターロール980円がドーンと登場!!

ロブスターロール(レギュラー)980円

ロブスターロール(レギュラー)980円

真横からのアングルも(笑)

真横からのアングルも(笑)

色鮮やかでキレイ!いつも通りがかりで人が持っているのを見ていると「なんかちっちゃいなー」とか肉系に比べてチマチマ載ってるので「インパクトないなー」と思っていたけど、自分の手の上でみると、結構な迫力。でもレギュラーサイズ、ちょっと小さいかも(笑)?

ちなみに、こちら店内がないので、屋外のベンチでみんな座って食べます。

ベンチの脇の小さいテーブルは、飲み物とロールを奥には十分の大きさだった

ベンチの脇の小さいテーブルは、飲み物とロールを奥には十分の大きさだった

お味は・・・おいしい!今まで日本では食べたことのないサンドイッチかも!まずパンがおいしい。焼いているから温かくて、香ばしくて、しかもバター(たぶんちょこっとガーリックも?)の風味が効いていて、軽い!そしてロブスターの味がしっかり生きながらもハーブとかでマリネされていて、あっという間にペロリ!!

これ、14時半にお昼ゴハンにありついたわたしにはレギュラーサイズでは全然足りないんですけど(苦笑)。

たぶん、ゴハンの代わりに食べるなら「US」サイズ。おやつ代わりに食べるなら「レギュラー」サイズだと思われる。

食べ終わってみたら、包み紙もなかなかかわいかった

食べ終わってみたら、包み紙もなかなかかわいかった

散々並んで、ジンジャーエールでごまかしても、「やっぱり足りん!」と思った時、奇跡のように原宿餃子樓の列が消えた!!

これは運命とばかりに、餃子屋へ(笑)

いつも店の前は長蛇の列

いつも店の前は長蛇の列

店内のお客さんの9割が外国人だった!

店内のお客さんの9割が外国人だった!

カウンターがほとんで、テーブル席も稼働しない椅子ばかりなので子連れには厳しいかな?と思い、この2年以上入れなかったけど、前にも増して(平日の変な時間だからなおさら)外国人率高すぎ!!

メニュー

メニューは変わらず

壁のメニューは変わらず。でも外国人用に机の上にちゃんとメニュー(英語、韓国語対応)がでるようになってた。

そして、いつのまにやら値上がりしてるんですけど・・・。

さらに奥をみると

知らない間に奥に小部屋が!?

知らない間に小部屋が!?

この部屋の椅子は稼働タイプ!!さすがに子ども椅子はないかな?と思った矢先、0歳児を抱えた観光客が。まあ、食べられない赤ちゃんだからかな?そう思うと年少さんくらいになると入れるのかも。

さすがに先ほどロブスターを食べたので、控えめに。いつも必ず付け合わせ3種類は全部頼みたいのだけれど、食後かつ1人だから2つで止めました。

キャベツ250円

キャベツ250円(酢漬けで餃子との相性◎)

きゅうり250円

きゅうり250円(辛酢味噌がかかってて、もろきゅうみたいな感じ)

このほか、肉味噌が載ったゆでもやしもあって、それが唯一の温かい付け合わせなので、もう少し寒くなったら、きゅうりよりも優先順位が高くなる(笑)。

ちなみに付け合わせは全部250円だったけど、長年ずーっと180円だったよー(涙)。

そして、餃子も控えめに1皿に。

焼き餃子(にら・にんにく入り)290円

焼き餃子(にら・にんにく入り)290円

にら・にんにくなしもあります。水餃子もあります。全部同じ値段です。これは軽くて6個入りで290円で、コスパはかなりいいと思われる。

ゴハン(200円)にはスープもついてくるので、一人1000円あれば十分お腹いっぱいに!外国人にも受ける理由は、このリーズナブルさも大きいと思う!日本人にも受けてるし(笑)。

レジで外国人のおじさんが「3090円」のお会計に対して5000円札とチア量の小銭(たぶん1500円以上ある笑)を渡してた!店員さんの対応も慣れたもので、親切でうれしくなった。

レジで外国人のおじさんが「3090円」のお会計に対して5000円札と大量の小銭(たぶん1500円以上ある笑)を渡してた!店員さんの対応も慣れたもので、親切でうれしくなった。

いくらロブスターロースが少なかったとはいえ、ちょっとやりすぎた・・・ともたらた胃とともにレジに向かったら、わたしの目の前にはかわいいフランス人(たぶん)の女性2人組。290円ずつお金を払って帰りました。

一人餃子1皿。この時間に食べるなら、それが正解だったかも。観光客の方が効率的な食べ方、知ってました(苦笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA