意外にかわいい猛禽類。いま話題のふくろうカフェに2歳児と一緒に行ってみた@東京・高田馬場

2014年11月。高田馬場駅から新目白通りに向かって、ちょうど新目白通りにぶつかる角に誕生したパクチーバル「8889(ハチハチハチキュウ)」。窓の枠にはふくろうが並んでいて、しかもパクチー料理の専門店。パクチー好きなわたしとしては、気になって気になって仕方がないお店だったんです。

新目白通り沿いにあるパクアチーバル「8889」

新目白通り沿いにあるパクアチーバル「8889」

そして、動物好きの2歳の娘(当時はまだ1歳)も自転車で通りかかるたびに気になって仕方ないようで、いつも立ち止まる。前をとおるときは「ふくろういた!」「ふくろういないねー」という会話が必ず交わすほど。

ただ、パクチーバルと名乗っているだけあって、オープンは夜のみ・・・。

そんななか、いつのまにか世の中「ふくろうカフェ」がブームになって、こちらのお店も土日祝日の日中はふくろうカフェとしてオープン、さらに2015年12月からは平日昼間もふくろうカフェの営業を開始しましたー!!

ふくろうを触れるカフェ時間は衛生上、料理提供なし。バル時間はふくろうを見ながらお食事。

ふくろうを触れるカフェ時間は衛生上、料理提供なし。バル時間はふくろうを見ながらお食事。

土日はものすごい混雑で、並ばないと入れないけれど、平日はまだ知られていないようでとりあえずはまだ並ばずに入れた!

なので、クリスマスイブはいつもよりも仕事を早く切り上げ(フリーの特権)、お迎えを早めて、一緒にふくろうカフェデビューしてきました☆

ネイルがふくろうのうちに行きたかったし(笑)。

クリスマスツリーのオーナメントもすべてふくろう!メリークリスマス☆

ツリーのオーナメントもすべてふくろう!メリークリスマス☆

さて、クリスマスツリーもですが、なかに入ると、小物もなにも、すべてがふくろう一色!

入り口の置物や

入り口の置物

オーナーのふくろう愛が感じられます。実際、お店の方に「最初、パクチーバルでしたよね?」と質問したところ、「パクチーバルでオープンしたんですけど、飼っているふくろうを家に置いておくのもなんなんで、お店に置いてました。そしたら、ふくろうカフェがブームになって、ふくろうの数を増やして、ふくろうカフェも始めたんです」とのこと。

カフェ時間は1時間1ドリンクで1000円それにお土産付き。3歳から有料だけど、それ以下でもふくろうに触る場合は有料。なので、うちの場合は2歳児触る気満々なので、有料です。

さて、店内はテーブル席とカウンター席。たぶん10人〜15人くらい入れるのかしら?まずは飲み物を注文して注意書きを読んで待つ。

ふくろうの触り方、いろいろ気を使うー

ふくろうの触り方、いろいろ気を使うようです

ふくろうよりもまず先に飲み物から。

オレンジジュースのコップのふちにもふくろう

オレンジジュースのコップのふちにもふくろう

ラテアートもふくろう!

ラテアートもふくろう!

テーブルには、「在籍フクロウ紹介」のアルバム。

名前、種類、顔の特徴が書いてあって、遊び心も◎

名前、種類、顔の特徴が書いてあって、遊び心も◎

どのフクロウも誰に似てるか書いてあって、25頭(匹?羽?)全部みるのも結構楽しいです。ちなみにこちらのベックくんは阿部サダヲ似(笑)

うとうと居眠り中(笑)

うとうと居眠り中(笑)

小さい子から大きい子までいて、好みでふくろうを連れてきてくれます。大きい子は爪が鋭いので手袋も貸し出ししてくれる。

机の上にはシートをひいて、止まり木も。

机の上にはシートを敷いて、止まり木も。

うちは見た目というよりは「2歳児が触れる、小さくておとなしめの子」を希望。

それで連れてきてくれたのが、「ポップちゃん(2歳)」でした。

ヨーロッパコノハズクの「ポップ」ちゃん。岩下志麻似だそうです(笑)。似てる?

ヨーロッパコノハズクの「ポップ」ちゃん。岩下志麻似だそうです(笑)。似てる?

ポップちゃんは人の腕に乗るのは苦手だけれど、止まり木なら上手に止まっていて、頭を撫でられるのも嫌いじゃないらしい。20cmくらいで小ぶり。まんまるな目がかわいい!実は来るまで「お母さんは触るの強いから、◎◎(娘の名前)ちゃんが触るの担当ね!」と言っていたのですが・・・。あまりの愛らしさに思わず頭なでなで。思っていたよりも、弾力性がある羽でしっかりふわふわ〜!

こちらのポップちゃん、目が悪いらしく、あまり見えていないそう。明るいところだと普通は瞳孔が閉じるけれど、明るいところであまり見えないから瞳孔が開いていてより一層まんまる目らしいです。ただ近くは見えるのと、暗いと見えるとのこと。

ちなみに、「ポップちゃん」と呼んでいますが、ふくろうはすべて性別不明だそう!検査をしないとわからないんですって。びっくり。

フォトブックよりも実物の方が断然かわいい!!

フォトブックよりも実物の方が断然かわいい!!

頭を下げているときは、警戒していなくて、結構気持ちいいときだそうです。

頭を下げているときは、警戒していなくて、結構気持ちいいときだそうです。

あと、こちらには世界で1頭しかいない希少なふくろうも!アルビノのコキンメフクロウの「ヨンシーちゃん」。コキンメフクロウはほかにもいますが(店内にも)、真っ白のアルビノはこの子だけだそう!

フクロウふくろうカフェパクチーバル8889

アルビノのコキンメフクロウ「ヨンシー」ちゃん

アルビノのコキンメフクロウ「ヨンシー」ちゃん

そして、帰りにはお土産付き。

ふくろうのビーズをいただきました☆

ふくろうのビーズをいただきました☆

25頭のふくろうはどれも個性的で、愛嬌たっぷり。店員さんもいろいろふくろうの説明をしてくれるので、ぜひお試しあれ。

+++++

フクロウがいるパクチ料理の店 パクチーバル「8889(ハチハチハチキュウ)」

東京都豊島区高田3-14-23

TEL:03-6912-9883(電話予約不可/来店しての当日予約は可)

13:00-17:00 ふくろうカフェ/19:00-23:30 パクチーバル/火曜定休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA