関西風&関東風の両方が食べられる!庶民派なのに今まで行ったどの店よりも記憶に残る、うなぎ屋「愛川」が美味すぎる件@東京・高田馬場

もともとうなぎは好きですが、最近、特にうなぎに行くことが多いんです。なぜかというと、2歳の娘がうなぎが好物だから。生意気(笑)。クリスマスイブはうなぎ屋さんだったし(さすがに客はわたしたちだけ)、病後に元気になるために食べたり、ちょっとしたご褒美はうなぎ。

せっかくだったら、おいしいうなぎが食べたいけれど、うなぎってどこで食べてもそれほど差が出ない気がしません?もちろんまずいうなぎはわかりやすいけれど、おいしいうなぎは差が出にくいというか。その割に、数年前のうなぎの高騰以来、ずっと高値で、より高級感が増しているし。

そんななか、これからもずーーーっと指名で行きたい、病みつきのうなぎ屋に出会ってしまいました。

高田馬場にある、「愛川(あいかわ)」。

 

夜は17-19時までの営業。この日も満席の文字。事前予約が必須のようです

夜は17-19時までの営業。この日も満席の文字。事前予約が必須のようです

ランチも混んでいるようですが、夜はやっていない日も多くて。以前電話で問い合わせしたとき、「人手不足で週1回(日曜)しかやっていない」と言われて断念したんですよね。

なので、この日も電話確認したら「18時までにきてください」と。17:40頃いくと、満席の文字。電話してよかった!!

店内はテーブル席と掘りごたつ席。子連れでもOKなのがうれしいです

店内はテーブル席と掘りごたつ席。子連れでもOKなのがうれしいです

4人掛けテーブル席が2つ、掘りごたつ席が2つの4組のみ。しかも17−19時だから1回転しかしないから、事前電話は必須かも。ほかの席も18時にはすべて埋まりました。

メニューが、これまた潔い。

メニューもかなり潔い!うなぎ1本勝負。

余計なものは一切なし。うなぎ1本勝負。

うなぎは出てくるまでに時間がかかるし、お酒を飲んで時間を潰すから、おつまみ系がいろいろあるはずだけれど、ほとんどなし。板わさや卵焼きもなし。お酒の種類も1種類で、そこで儲けようとしているわけでもない。

うな重の金額差も微妙ですが、竹と菊では、小鉢の数が違うだけで、うなぎはまったく一緒でした(写真は下にあります)。その上は、基本的にうなぎの量が増えるだけで、どこまでも潔い。

 

お通しの「骨せんべい」をポリポリ食べて待つ。これが止まらない。

お通しの「骨せんべい」をポリポリ食べて待つ。これが止まらない。

そして、こちらの売りは、「関西風」と「関東風」の両方のうなぎがあること。わたしは四国出身なので、やっぱりかみごたえのある、蒸さない関西風が懐かしくて。関西風をこっちで食べたのって、河津の大川屋さんで数年前に食べて以来。

まずは、蒸してから焼く関東風。

菊 3100円(関東風)

菊 3100円(関東風)逆側から撮影してたので、ちょっと見づらいのはご愛嬌で・・・

蒸してから焼く関東風は、ふわふわだけれど、香ばしくてパリパリ感も楽しめて美味!!

蒸してから焼く関東風は、ふわふわだけれど、香ばしくてパリパリ感も楽しめて美味!!

なんということでしょう。いつもと同じ関東風のはずなのに、このパンチ。このウマさ。これだったら、これがいつも食べてる関東風?と思うほど。おいしー!!たれと焼き方だけで、こんなにうなぎに差が出るもの?というくらい、近年食べたうなぎの中で群を抜いてうまい!!

そして、いよいよわたしの頼んだ関西風の登場。蒸さないで焼いている分、無骨に色も黒め。

菊 3100円(関西風)

菊 3100円(関西風)

蒸さずに焼く関西風は、噛みごたえもあって、タレの香ばしさも、パリパリ感も◎!それでもちゃんと柔らかい。

蒸さずに焼く関西風は、噛みごたえもあって、タレの香ばしさも、パリパリ感も◎!それでもちゃんと柔らかい。

もうこのパリパリと弾力に無我夢中。そしてご飯が浅めでうなぎとのバランスが絶妙なのも、うなぎを引き立たせてる気がする。

東京で「関西風」を食べられるところは少ないので、お客さんの多くは「関西風」を頼むらしいし、わたしは西の人間なのでもちろんオススメですが、どっちでも本当にいいと思います。

1尾半のっている「葵」以上のものでは、関西風と関東風を1つのお重で食べることもできるみたいなので、たくさん食べられる人はぜひ!

ちなみに、「竹」はシンプルにうな重と肝吸いのみ。子ども用の食器も用意してくれて◎。

竹 2700円(関東風)は、付け合せの違いだけで、他は何も変わりません。

竹 2700円(関東風)は、付け合せの違いだけで、他は何も変わりません。

子どもが残したうなぎを食べたら、娘が激怒して泣き出して(食べたかったらしい汗)、帰る直前大変だったけれど、お店の人が優しくて、ちょこっとお菓子をくれたりして、その心遣いもありがたい・・・。

潔いメニュー設定、控えめの価格、家族経営(たぶん)の温かい感じ、懐かしい昭和な店内、なにより記憶に残るおいしさと、今まで行ったどのうなぎ屋さんにも似ていなくて、本当に忘れられない味と店。

絶対また行きます。

 

+++

愛川(あいかわ)

東京都新宿区高田馬場1-17-22

03-3200-3717

火~土11:30~13:30

日・祝日
ランチ 11:30~13:30
ディナー 17:00~19:00

月曜定休(祝日の場合は翌火曜定休)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA