【掲載記事】アイシングクッキーのヒットに隠された秘密/東洋経済「ハレタル」

転園するママ友から餞別としてもらったり、ちょっとしたギフトでよく目にするようになったアイシングクッキー。

ひと言メッセージに、かわいい形&色、”消え物”という手軽さなど、プレゼント受けするのも、納得。

昔からアイシングクッキーはあったけれど、なぜ最近こんなに流行っているんだろう?

その理由をちょっと取材してみました。

アイシングクッキーのヒットに隠された秘密

流行った理由を要約すると

◎SNSの普及、特にインスタ。写真1枚でかわいく、目を引くアイシングクッキーは相性抜群。

◎需要があるから、メーカーも簡単に作れる道具や材料をどんどん投入

◎「何か始めたい!」という子育てが落ち着いたママたちが、趣味の延長でアイシングクッキー教室などを始めた(最近、プチ起業やおうちサロン、流行ってますしね)

インスタが大きな理由ではありますが、カリスマ的に素敵なアイシングクッキーを作る人が登場して、「かわいー!素敵!」とか、「こんなの作りたい!」とか、どんどん相乗効果になっていったという側面もあるみたいです。

そして、数年前から某有名洋菓子店も名前を伏せてアイシングクッキー専門店を作っていたり、市場はどんどん拡大中。

私はもっぱら食べるの専門ですが、アイシングクッキーができたおかげで、ちょっとしたお使い物やバラマキ菓子の選択肢が広がったことは間違いありません。

感謝!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA