(6)楽しくて、おいしくて、また行きたくなる!自然+田舎+アートの祭典「大地の芸術祭」@新潟県十日町市&津南町

◎自称、超大作?これは一体なんなんだ!?

いよいよ「大地の芸術祭」も最後です。

が、途中でめちゃくちゃ気になる看板を発見。

T292・・・超大作?

T292・・・超大作?

めっちゃ胡散臭い(笑)。本当にエントリーしている作品なのか??

手書きで「超大作」って・・・「T292」って・・・。

怖いもの見たさに、とりあえず車を止めて入ってみると、

OUTLANDというキャンプ場

OUTLAND(アウトランド)というキャンプ場

でした。なんと、こちら18年かけてログハウスはじめすべてを手作りしているそう!大地の芸術祭へは2006年からエントリーしていて、毎回エリアを拡張し続けているようです。

ここ、大地の芸術祭じゃなくても泊まってみたいかも?と純粋に思った。それくらい移住してきた作者のこだわりが細部に満載で、「きっと変人なんだろうなー(笑)」と愛を持って思える場所だったのです。

エリアごとにエントリーした年を記載した扉が。何気にアナログ自動ドア(笑)

エリアごとにエントリーした年を記載した扉が。何気にアナログ自動扉

最終地点には、

子宮部屋と名付けられた小部屋が

子宮部屋と名付けられた小部屋が

人が1人入れるだけのスペースで、まさに子宮内部。うちの子は「怖い」といってすぐ出たがり、そのあとずっと抱っこになりました(苦笑)

帰り道の扉には「Happy Birthday」の文字。なるほどー。

帰り道の扉には「Happy Birthday」の文字。子宮部屋から出ただけに、なるほど。

十日町に移住した作者のこだわり、ちゃんと出展作品になっておりました!

さて、次が本当のオーラスでございます。

◎大地の芸術祭至上最大規模、災害すらアートに昇華

たぶん大地の芸術祭至上もっとも大規模だと思います。目指すは「辰ノ口砂防ダム」っていってもダムのどこを目指せばいいのかわからないまま、十日町ナビの赴くままに。

すると突如現れたのが、どどーん。

「(M043)土石流のモニュメント/磯辺行久」

「(M043)土石流のモニュメント/磯辺行久」

2011年東日本大震災の翌日、3月12日に長野県北部で震度6強の地震が発生しました。その一番の被害が出た長野県栄村はお隣。なのでこの場所でも大規模な雪崩が起き、土石流が流れ出しました。

それが、この高さ3mの黄色のポール約230本が設置されたエリアなんです。まず階段にたどり着くまで遠くて(しかもこの日は雨)、階段85段も工事用の仮設。場所によってはすれ違うことすらできなくて、しかも息切れするほど急(苦笑)。そんな悪態も何処へやら。

全85段の階段をのぼると、この景色

全85段の階段をのぼると、この景色

震災すらアートに昇華するその力・・・。

なんとも言えない感動が迫ってきて、ただただ息を飲むばかり。本当にすごい・・・。もっとボキャブラリーがあればいい表現ができるのでしょうが、それが精一杯です。

自然と芸術の融合、まさにこの旅の締めくくりにふさわしい作品となりました。

+++++++++++++

今回の旅にあたり、十日町市観光課(クロス10)の庭野さんに、モデルルートを作ってもらうなど、本当にお世話になりました。ありがとうございました!!

前回は車で来なかったばっかりに不自由な私たち(夫婦のみ、子どもはまだおらず)にアドバイス&アテンドまで用意してくださり、今回は子連れで一体何ができるのかわからず、無駄のないルートを組んでいただき、「十日町ナビをまずインストールしろー」というアドバイスから何から何まで本当に感謝です!

次回に向けてのアドバイスは「なるべく早い時期に来ること」。

次は7月に必ず訪れます!!

+++++++

【大地の芸術祭2015関連記事一覧】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA